BLOG

オールオールドビンテージが果たしていいワイン?

冬馬です!まだまだ、夜中から朝方はマフラー、手袋がないと、チャリにはのれません。

375mlのハーフボトルを良く見かけますよね?昔は、お試しボトルとしてだったので無料でした。試供品!今は、売るようになってます。

ハーフのボトルに入ってるワインを750mlのボトルに移し替えたりして置いておくと、また、ワインが塾生され、変化して香りも豊かになります。よかったら、お試しくださいね!

ここ最近市場で、2003〜2005年のワインの赤ワインが3000円代で売られたりしてます。これを安いと喜んで、すぐ飛びついていいのか?買っていいのか?と僕は考えてしまいます。

経過年数がざっと12年〜14年たってます。通常、赤ワインは、出荷された年号の年から5年までは、飲める範囲でありますが、それ以降の年数は、ワインの格で決まります。

下のランクで、10年以上のワインは、良いかどうかを見極めは、まずコルクを抜いた状態。綺麗なのは逆に怪しいです。本来なら、長く月日が立ってるのは綺麗じゃなくなってきます。ヘタしたら、ボロボロになったりして、もう瓶から抜けなくなったりするワインもあります。ましてや、格付けされてない下のランクのワインなら、コルクの状態は良くないはずなんです。

次にテイスティングをした時、例えば、美味しい何て思うなら、怪しいと考えた方がいいかもです。格付けされてる5級クラスのワインで美味しく飲める範囲がおおよそ、10年から15年とも言われてます。じゃ、その下のクラスのワインが10年以上経過で、美味しく飲めるのは、あるのか?ぶどうの生地が良くても、レストランで出せる味なのか?というと難しいと僕は考えます。

大きな声では言えないですが、、、、コルクが綺麗で、テイスティングしてみて美味しく飲めちゃうワインは、、、、、、、もしかしたら、半分はすてて、新しくワインを継ぎ足してるという事もある?
多いに考えられる事かもしれません。。。まず、飲んでみる、試してみる、そこが一番大切で、聞いてるだけではダメですよね!

安定感あるジョセフドルーアンのワインです。

さて、当店は本日も20時よりオープンしております。冬馬がお待ちしております!

当店は、仕事帰りや食事の後の2件目など、隠れ家で静かに呑みたい方には最適です!新宿3丁目、新宿2丁目付近にお立ち寄りの際は是非お越し下さい!

Menu