BLOG

おすすめチリワイン~シングルヴィンヤード・カークネス・ピノ・ノワール・レゼルバ

皆様こんばんは!

今シーズン最強の寒波に襲われて、皆様大変だと思いますが、頑張って乗り越えましょう!当店新宿二丁目カフェ&ミックスバー『ロワ』も負けずに今宵も20時~の営業となっております!二丁目でどこに行くか迷われたら、とりあえずロワにお越しくださいませ!

先日もお客様から美味しいワインを頂きました。チリ産赤ワイン「シングルヴィンヤード カウクネス ピノ・ノワール レセルバ」。今回はこちらをおすすめしたいと思います。

チリNo.1のスパークリングワイン生産者のビーニャ・バルディビエソ。1879年「シャンパーニュ・バルディビエソ」として南米で最初に泡を生産した家族経営の醸造所。現在では、国内スパークリング市場でそのシェアを65%にまで伸ばし、品質、生産量ともにNo.1としての地位を確立しています。現在ではシャンパーニュと同じ製法、瓶内二次醗酵ワインをチリで造らせたら右に出るものがないほどの品質として評価されています。

南北4300㎞にも及ぶ国土を誇る一大産地チリ。山々、砂漠、海と周囲を取り囲まれた特異な環境のため、世界のワイン生産者の天敵である害虫、ヒィロキセラの被害も無く、太陽の恵み、海、山、手付かずの自然と恵まれた土壌環境から世界屈指のワイン産地として注目を集めています。バルディビエソではこの利点を生かし、更にそれぞれのブドウに最も適した産地を厳選、チリらしさと目指すべきワインを求めブドウを栽培しています。

100年以上の月日をかけて培った歴史と伝統は、スパークリングワインの枠に留まらず、1980年代からチリの偉大なテロワールを反映させた上質なプレミアムワインを生産するようになりました。醸造所では「全ては畑から」と、ブドウ栽培にこだわり、こだわりの自社畑以外にも自社が提唱する栽培方法を実践した農家と長期契約を結び、高品質のブドウのみを使います。そしてこの上質なブドウから造られる果実の旨味、テロワールが見事に表現されたワインで数々の賞を受賞してきました。

中程度の濃さの赤紫、凝縮したブラックベリーの甘酸っぱい香りと共に、ほんの少しスパイシーな感じも受けます。濃厚な果実味が凝縮し、チリピノらしい第一印象。しっとり落ち着いた甘味があるため口当たりが良いですがピノ・ノワールらしく引き締まったきれいな酸があり、ぼってり感はなくスラリとしてエレガンス。タンニンも多いですがまろやかです。上質で程よい重さ、飲み疲れしないフルボディといったところでしょうか。

全てがおすすめのバルディビエソの中でも特におすすめしたい充実の味わい。チリワインのがっしりした果実味がお好きな方にも、ピノ・ノワールの繊細な果実味がお好きな方にも満足する一品だと思います。是非当店にてご賞味くださいませ!

皆様のご来店を従業員一同心よりお待ちしております❗

Menu