BLOG

ブルゴーニュワインについて解説

こんばんは冬馬です。

今回はブルゴーニュワインについて解説します。

ブルゴーニュは、土地に格付けされているため、変わる事がないので、知っていたほうがいいし、作り手の名前も知っていたほうがいいかもしれません。生産量もボルドーの半分で面積も半分なので、量も少ないから価値もある地域であります。

ブルゴーニュは、大きく6つが代表地域になります。ざっとですが、、、北から、

➊シャブリ
➋コートドニュイ
➌コートドボーヌ
➍コートシャロネーズ
➎マコネー
➏ボージョレー

ワインの格は、➊は、中級品、➋高級ワインばかりある生産地、➌中級品、➍、➎は普及品と、いうぐあいです。

品種は、シャルドネ、アリゴテ、ピノノワール、ごく一部、ソーヴィニオンブランを使ってる所もありますが、まれです。

ブルゴーニュでは、格付けで、プルミエクリュ(1級畑)グランクリュ(偉大な畑特級畑とも)に分けられます。

平地は、村の名前のワインが多いですね!格付け的には下になります。

地名の『コート』は『坂』を意味します。坂が多くて、ゆるかやなカーブの所、標高300メートルを一番よい畑としてグランクリュに。その上あたりと、下にプルミエクリュの畑という風に区分けをしています。

余談ですが、昔ドイツ軍とフランス軍が戦った時、ドイツが何処に隠れているか探したら、平地にいたから攻めたと。これがグランクリュに居たとしたら、攻める事はなかった、、、とも言われるぐらい、国をあげて大切な物ともされてるのですね!

さて、当店は本日も20時よりオープンしております。あつし、冬馬とお待ちしております!

ロワは新宿3丁目駅C7・C8出口から徒歩30秒!場所は新宿二丁目にありますが、MIXバーですので、新宿二丁目初心者、女性、お一人様、大歓迎です!
最近女性のお客様が増えてきています。

これからも素敵な方々との出会いを感謝しつつ邁進できればと思いますし、もっとワインの勉強もしていこうと思います。応援宜しくお願い致します😊

今日のお客様のワインは、僕、冬馬が御一緒にリクエストを伺い、忘れられない一本に出会えれば、こんな嬉しい事はありません!

一緒に探しましょーう😊

どうぞ、お待ちしております。

Menu