BLOG

本日おすすめのタナ種のワイン~シャトー・モンチェス

皆様こんばんは!

水曜日から木曜日にかけて、東京で初雪が観測されるかもしれないそうですよ!いよいよ冬本番でしょうか。

今夜、新宿二丁目にお越しになるご予定は?当店新宿二丁目カフェ&ミックスバー『ロワ』、20時~のオープンです!新宿二丁目ですが、ミックスバーですので、性別問わず、女性の方お一人様でも安心してご来店下さい!

ワインを中心に、ウイスキー、焼酎、ビール、ソフトドリンク、軽食を取り揃えまして皆様のご来店をお待ちしております。

本日おすすめの一品は、フランス産赤ワイン「シャトー・モンチェス」。

タナ種80%、カベルネ・ソーヴニョン20%使用です。

フランス南西地方、マディラン。ボルドーから南へ車で2時間。ピレネー山脈の北、スペインとの国境近くに位置するワイン産地。豊かな自然とフォアグラやトリュフなどの多彩なガストロノミーに恵まれた魅力ある土地で、ワイン造りもローマ時代から伝統的に行われて来ました。しかし長年、知名度の高いボルドーの影に隠れていましたが、マディランワイン復興に人生を捧げたアラン・プリュモン氏。

まず始めたことは、豊かな自然に恵まれた未開発の土地を開墾し、マディランの固有品種「タナ」を復活させました。黒ワインと称されるほど濃い色調を持ち、凝縮感に満ち濃厚でありながら非常にエレガント。

気品ある風味と緻密なタンニン、豊かなプラム、カシス、ブラックベリーのような果実味が心地よく口内に広がり、余韻にはダークチョコレートやミントのニュアンスが続きます。エールフランス航空のビジネスクラブのワインにも選出されました。牛肉のステーキ、ロックフォールチーズ、ビーフシチューなどに合います。

是非一度お試し下さい!

Menu