BLOG

フランス白ワインのご紹介~ドメーヌ・フランソワ・ラキエ・メルキュレブラン・レヴレ

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88

本来なら一番最初にフランスワインをご紹介予定でしたが、順番が狂ってしまいました。フランスの白ワインは個人的に好きなものが多く甲乙つけ難いですね。でも一番のお気に入りはドメーヌ・フランソワ・ラキエ・メルキュレブラン・レヴレ(DOMAINE FRANCOIS RAQUILLET MERCUREY BLANC PREMIER CRU LES VELEYS)です。産地はフランス・ブルゴーニュ・コート シャロネーズ・メルキュレ、葡萄品種はシャルドネです。以下商品情報です。

15世紀からワイン造りに携わるラキエ家、当ドメーヌは、ジャン・ラキエ氏により1961年に設立されました。1990年、息子のフランソワ氏と妻のエマニュエル女史が受け継ぎ、所有している約8.4haの畑で伝統を大切にしながら品質向上に努めています。ブルゴーニュ最大(580ha)の赤ワイン生産地で本拠地をメルキュレにする生産者は多数いますが、旧クラスマンで1つ星を獲得しているのはわずか2ドメーヌで、(ドメーヌ・フランソワ・ラキエ)はその中のひとつです。

このワインはメルキュレで非常に珍しい白の1級(メルキュレ地区の2%)。平均樹齢が55年、面積0.67haのメルキュレ村の南に位置している東向きの畑から生産されています。400Lか500Lの樽(30%新樽)を使用し、12ヶ月間のシュール・リー法による醸造を行います。瓶詰め前に軽くフィルターをかけるとのこと。

キャップを開けるとフローラルでエレガントな香りが拡がります。口当たりはとてもソフトで、桃やグレープフルーツのフレーバーを感じることが出来ます。TVで見た情報ですが、標高の高い所で育ったシャルドネは柑橘系のフレーバーで、標高の低い所で育ったシャルドネはフローラルやトロピカルなフレーバーになるそうです。

恐らく2種類をブレンドしているのでこういう厚みや 複雑味 エレガントさを同時に感じることができるのかなと感じました。バランスの良い一本です。皆様も是非お試し下さい。

新宿で、新宿三丁目で、新宿二丁目で美味しいワインと世界のお酒と言ったらミックスバーロワです!初めての方でもお酒と、トークをお楽しみいただけるようスタッフ一同務めていますので、どうぞお越し下さい。

 

 

Menu