BLOG

ワイン研究会で1994年のワインをテイスティング

こんばんは!冬馬です!

先日研究会で、1994年のワインを何気にテイスティングする機会がありました。ざっと21年経過です。この年代になると、熟成されてて中々品種はだしにくくなります。

美味しく飲めるのか?レストランでお客様にだせるものなのか?はたまた、偽物?贋作?という事は考えられます。そのワインは、エチケットを見る限り、格付けタイプではなく、だいたい3000円前後の値段の聞いたことないワインでした。

コルクを開けた時、妙に綺麗でした。つうか、綺麗すぎ!そして、テイスティングは、僕は、レストラン、barでは出せないなと味だと判断させてもらいましたが、飲めてしまうレベルなんです。

たとえば、グランクリュ〜タイプだと、1級から5級クラスタイプのワインならわかります。ですが、僕なら3級クラスでも管理をどうしてるかな?とかなり疑問がでてきて、中々手を出せなくなるタイプのワインと判断してしまうタイプが、飲めてしまう?のはやはり、おかしい、、、、

そう、確実におかしいのだと、研究会のメンバー全員一致の意見でした。じゃ、何をそのワインに小細工してるのか?ここではとうてい言えないので、、、、この話の続きはロワで!😊新しいワインも続々きてますよ!

本日も20時よりオープンしております。新宿三丁目駅出口からすぐ近く!お仕事帰りに一杯いかがでしょう?ワイン以外にも、ビール、ウイスキー、焼酎など、リーズナブルな金額で提供しています。

当店はLGBTな街、新宿二丁目にありますが、セクシャリティを問わない男女不問のミックスバーですので、どなたでもご来店OK。特に新宿二丁目初心者の方にはおすすめですので、お気軽にお越しください。

ご来店お待ちしています!

Menu