BLOG

今夜のおすすめワイン~ダックホーン・ソーヴィニョン・ブラン・ナパヴァレー

dsc_0066

ここ2週間程変な天気が続きましたね~。寝ずらいとか、不眠を訴えるお客様も結構いらっしゃいました。そんな時は寝酒にワインをなんて言えません|д゚)

今日は久々の秋晴れだったので、近所をぷらっと散歩してみました。写真だと分かり難いのですが、遠くにゲイトブリッジが見えます。反対側からは筑波山が見えましたよ。ここアルカキット錦糸町の屋上からは条件が良いと富士山まで見れてしまいます。

さて今夜ご紹介したいのは、ダックホーン・ソーヴィニョン・ブラン・ナパヴァレーです。

DSC_0149.jpg

産地はアメリカのカリフォルニア州、ナパヴァレー です。葡萄品種はソーヴィニョンブラン83%、セミヨン17%です。フレンチオーク(新樽15%)にて熟成

ダックホーンはナパヴァレーの中心部であるセントヘレナの北にダンとマーガレットのダックホーン夫妻により1976年に設立。当時ブレンド用品種としかみなされていなかったメルローを主体にしたワインで大成功を収めました。メルローは今日に至ってもダックホーンを代表するワインとして評価を受けています。

2009年に行われた、米国オバマ大統領の就任式昼食会にてこちらのソーヴィニヨンブランやダックホーンが手掛けるゴールデンアイのワインが供され、2010年には、ワイン&スピリッツ誌にてワイナリー・オブ・ザ・イヤーにも選出されました。

ナパ・ヴァレー各地11か所の葡萄から造られます。 トロピカルフルーツを連想させる風味に満ち溢れたカリフォルニア産らしいソーヴィニョンブランです。セミヨンとのブレンドにより口当たりは滑らかで非常に風味が豊かです。2014年に発表されたレストランポール・ナパ産ソーヴィニヨンブラン・ランキングにて第3位にランクインしています。

香りは2度3度嗅ぎ直すほど大人しい印象でした。ほのかにメロンのような、洋梨のようなそんなでした。口当たりは超ライト!! パッケージには辛口と表示がありますが、フルーティーさが強くないので、実際はやや甘口ってとこですね。フレンチオーク(新樽15%)にて熟成ってことが、この円やかさを出しているのか?セミヨン17%がそうさせているのかは、まだ経験が浅いため解りません。( ;∀;)

ってことで、和食のような繊細な料理にも合う筈ですね。自分自身これが、白ワインなのと驚いたのを今でも覚えています。ワインが苦手な方にこそ是非チャレンジしていただきたいですね。

新宿近辺で美味しいワインをお探しでしたらココ、ミックスバーロワへお出で下さいませ。

Menu