BLOG

今夜のお薦めワイン~コルディエラ ヴィーノ

DSC_0032

世界が認めたミゲルトーレスワイン。いただく前から期待でワクワクしました。 

ミゲルトーレスのワインは、著名な ワイン誌、ワインコンペティションで 常に注目され、その品質が世界中 で高く評価されています。

世界の高級ワイン生産者11家族で構成する協会PFV「プリムム・ファミリエ・ヴィニ」の発足者でもあり、世界のワイン業界の発展をもたらした功績が認められ、英国ワイン専門誌デキャンターに「マン・オブ・ザ・イヤー 2002」に選ばれるという栄誉に輝いております。

産地 チリ DOマウレバレー 葡萄品種 カリニャン100%です。

樹齢60年のカリニャンの深い味わい。
深みのあるルビー色。
バラ、カシス、プラム、バニラ、なめし革の香り。
バラの花やカシス、プラムなどの凝縮した果実味にわずかにミントやクローヴ、胡椒などのスパイス、樽熟成に由来するバニラやトーストのニュアンスを感じます。
ストラクチャーのしっかりした、充実感の高い味わい。余韻は、長く、心地よく感じられます。7~9年の熟成の可能性を秘めた、チリのプレミアム赤ワインです。

スペイン語で『山脈』をという意味を持つコルディエラ。
二つの国、そして文化の間にそびえるアンデス山脈は、チリとアルゼンチン国境を示し、力強い存在のシンボルとなっています。2012年、コルディエラはヴァレー・コレクションとして生まれ変わります。

チリワインの先駆者としてチリワイン品質向上に貢献してから30年。この地で得た多くの経験をもとに、シャルドネ、カリニャンの品種に適した土地を探し、それぞれの為に選び抜きました。
このテロワールと品種の特性を最大限に表現するため、ワインは単一品種のみで作られています。
チリは有数の金の生産国であることから、チリを象徴するものとして、金が大きく表ラベルに描かれています。また、金の中にあるMはMiguelのMと山脈(Mountain)のMを表しています。

今回初カリリャンでした。色はルビー色、香りはカシス系でした。重くも軽くもなく中間といったところでしょうか?
でも口に含んだ瞬間からさすがミゲル・トーレスという一本でした。フルーティー感が持続して余韻も甘味が続きました。
皆様も是非お試しください。

新宿で美味しいワイン、新宿三丁目で美味しいワインをお探しの皆様、是非ミックスバーロワへおいで下さい。

Menu