BLOG

ヘネシーXO今夜のお薦めのお酒。

DSC_0042
こんな暑い季節でも美味しいお酒は美味しいものですね。
ブランデーグラスにアイスをたくさん入れてロックでいただきました。
今夜はヘネシーの歴史について調べてみました。
「ヘネシー」という名は、ブランデーを普段飲まないという方でも一度は聞いたことはあるのではないでしょうか!?

今も世界中で愛され続けている超有名なコニャックのトップブランドの「ヘネシー」。
長い歴史を持っており、今年(2015年)は創業から250周年を迎えました!。

ヘネシー社は1765年に創業されました。創業者であるリシャール・ヘネシーはアイルランド出身ですが、プロテスタント側の圧制を嫌い、ルイ15政統治下のフランスに移住。その後、コニャック地方にてヘネシー社を立ち上げました。

ヘネシー社が考案したものには、コニャックの品質の格付けシステムがあります。
コニャックの品質の違いは星の数で格付けを表示されていますが、これを最初に始めたのは、創業者のひ孫に当たるモーリス・ヘネシーです。

彼はさらに、コニャックのクラス分けのカテゴリーとしてX.O(Extra Old)を誕生させました。もともとは家族や友人のために作られたものですが、今ではコニャックの世界的基準となっています。

海外への輸出は、1794年のアメリカを皮切りに、ロシア、中国など様々な国に輸出されました。ちなみに、日本に初めて輸出されたのは1868年です。
ヘネシーXO黒キャップ

高品質で知られるヘネシーですが、これは妥協のないコニャック造りへのこだわりによるもの。
ぶどうはライトでフルーティなユニブランという品種、それを第1等級の4つの畑(グランド・シャンパーニュ地区、プティット・シャンパーニュ地区、ボルドリ地区、ファン・ボア地区〉で栽培しています。

次に熟成。ヘネシーでは、樹齢100年以上のフランス原産のオークの木から作られた大樽が使用されています。その数はなんと約30万樽!

これらのオー・ド・ヴィー〈原酒〉は、短いもので50年、長いもので100年以上熟成され、最も古いオー・ド・ヴィーは今から200年以上前の1800年から保管されています。
さらに、ブレンダーによりオー・ド・ヴィーが厳選、ブレンドされ、ヘネシーの高品質なコニャックは生み出されます。

Menu