BLOG

今夜のお薦めワイン~モンテス・アルファ・シャルドネ

DSC_0021生産地はチリ > アコンカグア・コーストです。

コルクを開けたてからすぐにトロピカルフルーツ系の香りやピーチのような豊かな香りが溢れます。ひと口飲むと、香りが何倍にも凝縮されたように口いっぱいに広がり、クリーミーでまろやかな質感が拡がっていきます。余韻まで続いていきます。
程よい樽の香りも好きな方には堪らないと思いました。

以下ネットからです。
リッチで芳醇なテイストの秘密は、樽使いと月1回のバトナージュ。バターやナッツ、トーストのような甘さと香ばしい風味は、オーク樽によるものですが、モンテス・アルファ・シャルドネの熟成には、全体の40%にしかオーク樽を使用しません。残りはステンレスやコンクリートなどのタンクで行います。オーク樽の風味が強すぎると、果実の風味が抑えられてしまうからです。そしてバトナージュとは、発酵中のワインの中に沈んだ澱をかき混ぜること。これによって、澱として沈んだブドウの要素を余すことなく抽出し、まろやかで、濃い旨みを備えたワインに仕上げることができます。

多少複雑な白ワインをお試しになりたい方へ是非!!

Menu