BLOG

ワイン研究会~市場性のある葡萄品種を考える@銀座

冬馬です。

今日は、ワインの研究会に参加してまいりました。
いつもそうなんですが、会に参加されてる方々は、皆、強者、ベテラン、ずっと勉強をしている方々。

なので僕なんかは、まだまだ新人、ひよっこみたいな感じなのです(笑)

今日のテーマは、

「市場性のある葡萄品種を考える」

テイスティングをして、メジャーか、マイナーかとわけて、品種を割り出して答えをだしていく作業です。

ソムリエ協会がメジャー指定している品種は、

白だとリースリング、ソーヴィニオンブラン、シャルドネ。

赤だとカベルネソーヴィニオン、メルロー、シラーズ、ピノノワール。

それ以外はマイナー。

テイスティングをして思ったことは、自分の中でのベンチマークが合って、そこから品種、年号、産地、割り出していく、、、

大変ですが、経験からしか出てこない勉強会。

なので、最初に言いましたが周りの生徒さんは、かなりワインを飲まれてる強者なんです。

今はどこの国のワインは駄目という境目はなくなりつつあります。そして、メジャーの品種からだから美味しい?とも限らなくなりました。

そんなことのわかった会でもありました。

ワインは本当に深いです。

Menu