BLOG

今夜はウイスキーでどうでしょう?~オールド・パー~

ども!今晩は。Leoです。

今回は久しぶりに美味しいウイスキーを御紹介します。

今回のアイテムは、あの歴史人物の岩倉具視さんが欧米視察のお土産に、西洋文化の代表として持ち帰ったお酒!!

image

『オールド・パー』※写真は12年。 でございます(*´∀`)

初めて日本に持ち込まれて以来、140年以上、日本人の間でも愛され続けているスコッチです☆

35種類の選び抜かれた上質のモルト原酒が織り成すスムースで芳醇な香味。まさに、生命の水に相応しい、ブレンデッドスコッチの芸術品であります!(^o^ゞ

さて、この『オールド・パー』ですが、ラベルにある白ヒゲのお爺さんが印象的ですが、実はこのお爺さん、実在の人物をモデルに描かれているんです( ☆∀☆)

image

彼の名前は【トーマス・パー】何を隠そうパー爺は、152歳まで生きたと伝えられている、スーパー御長寿なのでございます!!(これが事実ならば、間違いなくギネスブックものですが、残念ながらパー爺の産まれた時代には出生届けの制度が整っておらず、彼の実年齢は定かではありません)

パー爺が産まれたのは1483年。1635年に亡くなるまで、その生涯は15世紀末期から17世紀にまたがり、実に10人の王の治世に及んだといいます。

しかもこのパー爺、並のお爺ちゃんではございません!
102歳のときに婦女暴行の罪で捕まり、その後十数年間は獄中生活。

出獄してからはすぐに結婚して子供が生まれ、151歳からの人生最期の日々は、彼の長寿に興味を持った国王から招かれて、宮殿暮らしをしているのです!!(゜ロ゜ノ)ノ

さらに!  152歳で永眠した彼の遺体を調べると、亡くなった原因は、慣れない王室の贅沢な食事で急性の消化不良を起こした為で、内臓の方は全て完璧な状態、腸に関して言えば若者のそれとほぼ遜色のない状態だったとか(°Д°)

パー爺の生きていた時代は、日本でいえば[人生50年〕の時代。
そう思うと尚更にその健康さ、逞しさに脱帽してしまいますネ!Σ(゜Д゜)

なお、このミラクルな伝説を残した パー爺さんは現在、イギリスのウエストミンスター寺院で安らかに眠っています…。

image

長生きパー爺さん。そして美味しいお酒オールドパー。みなさんも一度このポトルをじっくりと見てください。
バー爺さんが必ず微笑みかけてくる………気がします(笑)

それでは、今夜はこの辺で。。。

                                            チャオ!(^3^)/

Menu