BLOG

ワイン漫画~神の雫を10倍楽しく読む方法~

どーも、今晩は。レオです。

先日、漫画『神の雫』のことをブログに書いたのですが、その表現描写の面白さまでは伝えきれていなかったのでチラッとご紹介したいと思います♪ヽ(´▽`)/

まずは前回も載せましたが…

image

なんと!羽根が生えます!

そして…ヒロインの女の子がワインを呑んだら…

image

お花畑が周りに現れます、まぁ、このくらいはこの手の漫画にはよくありますよね。

特に凄いのが、主人公がフランスの5大シャトーの1つである【シャトー・マルゴー】を呑んだ日にゃあ(笑)

image

え!

image

「あ……あなたは……クレオパトラ?」

クレオパトラ!!

ここまで来ると想像力や表現描写を超越していますね、言葉は悪いですが、軽く ラ○ってる んじゃないかとさえ思えてきます( ☆∀☆)
更にシーンは続き…

image

クレオパトラの宴!?
「ひと言で表すなら…エレガンス」

それなら、「エレガンスな味わい」とでも言えばいいのでは、と思うのですが、いきなり クレオパトラ が現れたりするのがこの漫画の醍醐味なんですネ!(笑)

image

他のキャラクター達にも目をつぶると『見えてきた』らしいのですが、ポリフェノール以外にも何かヤバい成分が入っているのか!?
第3者的な視点から見るとかなり怪しい集団です(*^▽^)/★*☆♪

それから、主人公のライバルである、青年ワイン評論家が美味しいワインを1口呑めば……

image

image

「お……おお……お……」ってオイ!!

かなり感じている、敏感なオニイサンです。なんとも官能チックであります♪ヽ(´▽`)/

image

自分の世界に没入し、スーパーナルシストな表現に『ワインより自分に酔ってんじゃねーか!?』 と突っ込みたくなる感がとまらなくなりますネ!(^w^)

そして、また主人公の表現に戻りますと…

image

佇む美しい乙女。

image

座った女。

image

美しい花嫁。

image

湖で水浴びする裸の乙女。

image

あげくのはてに乙女とキス(^3^)/

image

たくさんの美女。

皆様もお気付きかと思いますが、先程のクレオパトラといい、女の風景ばっかりなんですヨ!!Σ( ̄皿 ̄;;

ワインを表現するのに「座った女」「佇む女」「裸の女」とにかく女!女!女!、ほぼ必ず「女」なんですよw(゜o゜)w

更にあるときは、こんな表現になってしまいました…。

image

「女がいた………」

と・に・か・く 女!

美味いとか不味いとか、味わい表現以前に、とにかく女って言いたいだけでしょ!((((;゜Д゜)))

そんな雰囲気がバクバク伝わってきます。(笑)

因みにヒロインの女の子の表現を紹介しますと…

image

「んーーー美味しい………♪」

ワインひとつ呑むのに、ムダにセクシー。オーバーセクシーと言っても過言ではありません。

それでも、女の子は「女が出てきたナンタラカンタラ」とは言わないところがポイント!!

主人公よりよっぽど素直にワインを楽しんでいるのではないでしょうか。

そして、お約束の…

image

呑んだ後にはシャワーシーン。

確かに呑んだら汗を流した方がいいですもんね、必要ですよね、、、、必要なのか?

だけどね、ヒロインの女の子より主人公が優れている凄いところだってあるんですよ。

それがコチラのシーン↓

image

「あの二人、できてるぜ。グラスの持ち方や飲む仕草がまったく同じだった。絶対関係がある」

ワインの飲み方を見ただけで、男女に関係があると見抜く主人公!!

というより「絶対」と言い切るその自信はどこから湧いてくるんでしょうか(゜〇゜;)?????

相手にとっては余計なお世話であります(笑)

とにかく、これこそがワインを使って女体の素晴らしさを語る、イヤ!女性を使ってワインの素晴らしさを表現する漫画『神の雫』なんです(。・ω・。)ゞ

image

皆様も興味がありましたら、ワインを表現するときには女性に例えてみてはいかがでしょうか、ワイン通(ワイン痛?)に見られるかもしれませんヨ!

                                            チャオ!(^3^)/

Menu