BLOG

今夜はウイスキーでどうでしょう?~シーバス・リーガル~

今晩は~、ロワのレオです。

前回はウイスキーの中でも【バーボン】に触れてみたのですが、今回は【スコッチ】のことをご紹介したいと思います(^^)/

image

まず、簡単にスコッチウイスキーの御説明をしますと、英国 スコットランド特産のウイスキーで穀類を原料として樽に3年以上ねかせて熟成させた、コクのあ~る蒸留酒でございます。

麦芽を乾燥させる際にピート(泥炭)を使用するので、ピートに由来する特有のスモーキーな香りがするのが特長です。

また、スコットランド内でも4つの地域別にタイプ分けされているんですヨ。
その4つとは…

image

《ハイランド》…スコットランド北部。スコットランドの蒸留所の8割はこの地方にあります。
穏やかで円やかな味と香り♪

《ローランド》…その名の通りスコットランド南部。比較的、軽くてソフトな味わいのスコッチが多いと思います。

《アイラ》…大西洋に浮かぶ小さな島で、ハイランドより遥かに香りが強くてヘビーな感じです。

《キャンベルタウン》…キンタイア半島の南端でローランドとアイラの中間といったところでしょうか。

スコッチと称されるお酒でもこんなにタイプがあるんですネ~Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

そんなスコッチの中でもロワでオススメなのがコチラ↓

image

【シーバス・リーガル  12年】

スコッチの中でも圧倒的なマーケットシェアを誇り、クリーミーで円やかな甘味のある舌触りで《プレミアム・ブレンデッドスコッチウイスキー》と呼ぶのに相応しい味わいであります(^o^)v

それと、もう1アイテム…

image

【シーバス・リーガル  18年】

先ほどの12年も美味しいのですがコレは更に複雑で芳醇な味わいの《スーパープレミアム・ブレンデッド》であります(゜∇^d)!!

この【シーバス・リーガル】達ですが、何故このような名前が付けられたのかといいますと…まず、『シーバス』の方は人の名前ですな。

最初はウィリアム・エドワードさん。という方が作っていたのですがサッパリ売れなかったらしく、そこでジェームス・シーバスさんが経営を引き継ぐと、よほど経営手腕があった人みたいで、アレヨアレヨと売れ始め、1843年には、英国王室御用達にまでなったんです( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆

そこで付けられた名前が【シーバス・リーガル】。《リーガル》とは「正式の」という意味です。
要するに、王室御用達って意味なんですネ~d=(^o^)=b

もし、興味を持たれたお客様がいましたら是非、シーバスの呑み比べなんてしてみても楽しいかもしれませんネ!!q(^-^q)

                                           チャオ!(^3^)/

Menu