BLOG

【雑学】呑んだ後のラーメンは、なぜ我慢できないの?

毎度~、ロワのレオです。

お酒を呑まれる方なら分かると思うのですが呑んだ後のラーメン、最高に美味しいですよネ!

よく考えると何故あそこまで美味しく感じるのか!?
また、何故ラーメンなのか?

私、調べてみることにしました(^o^ゞ

image

まず、皆さんも知ってのとおり、お酒を呑むと肝臓がアルコールを分解しますよね。
その際に《血中グルコース=血糖》を消費するんです。
血糖が不足すると『お腹減った~!』というサインが身体に送られるのです(゜ロ゜;ノ)ノ

次に、飲酒により体内が酸性化している為にアルカリ性のものを食べたくなってきます。
ラーメンの麺に使われる《かんすい》には、アルカリ性物質が含まれているし、ラーメンのスープに含まれる《グルタミン》には肝臓のアルコールを分解する効果があるんですd=(^o^)=b

更に!肝臓でアルコールを分解してくれる働きを助けるものにイノシン酸というものがあります。
イノシン酸は肉類に含まれる旨味成分で、豚骨や鶏ガラでダシを取るラーメンにはイノシン酸が豊富に含まれているんです( ☆∀☆)

オマケに、これはビールを呑む方に限られますが、ビールにはカリウムという物質が沢山含まれていて逆にナトリウムが少ないのですが身体は体内のカリウムとナトリウムのバランスを保とうとする為、カリウムが過剰になるとナトリウム、つまり、塩分を欲するんですネ~(*´ω`*)

image

ま・さ・に!呑んだ後のラーメンは、身体が欲しくなる要素満載なんですネ!

しかし…高カロリーなうえに脂質、塩分ともにとても多いので、血中の中性脂肪値も急上昇ですΣ(ノд<) まぁ、お酒にしても何にしても過剰摂取は身体には良くないということですネ……(*_*) ワインもラーメンも程々の量で楽しんでいきましょ~♪                                              チャオ!(^3^)/ image

Menu